2012年09月30日

特許出願手数料

特許出願にあたって、さまざまな手数料が発生します。
それを考えた上で、特許を出願するようにしましょう。

まず、出願手数料や審査請求手数料、それから3年分の特許料を含む
特許印紙代の手数料が総額で20万円から30万円ほどかかります。
これは、特許庁に支払う手数料です。

それから、弁護士にも支払う手数料があります。
特許出願に関して弁護士に依頼することによって、
手数料の総額は50万円前後、高くて100万円前後必要に
なります。

また、特許出願から特許取得まで、スムーズに進まない場合には、
他にも提出物を用意したり、弁護士に作業を依頼することによって、
さらに手数料はかかることになります。

スムーズにいったとしても、最低で100万円はかかると考えて置いた方が
良いでしょう。
相場的には150万円前後となります。




posted by tokkyo5 at 09:53| Comment(0) | 特許出願手数料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

特許出願公開

特許は出願された日から数えて1年6ヶ月(18ヶ月)までは、
出願した特許の内容は「非公開」状態になります。

出願者が公言しない限り、発明した内容については秘密状態に
なるため、世間一般には公開されません。
これは、出願公開制度による原則となっています。

そして、1年6ヶ月が経過すると、出願公開広報から
出願内容を公開されることになります。

つまり、「特許出願しました!」と言ったり、発明した商品に
特許番号を書いたところで、1年6ヶ月経過しなければ、
一般人が特許の内容を知ることは出来ないのです。

1年6ヶ月が経過し、世間一般に特許出願が公開されると、
特許の出願公開番号によって公開されるようになり、
誰でも特許出願の内容を知ることが出来ます。

posted by tokkyo5 at 09:35| Comment(0) | 特許出願公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

特許出願件数

特許出願の件数はどこまで上っているのか
ご存知でしょうか。

特許出願件数に関しては、経済農業省による特許庁の
ホームページにて、PDF形式ファイルで確認することが可能です。

平成24年度5月時点の参考グラフなどが公開されていますが、
それを見る限り、昨年の平成23年度に比べると、
特許出願件数は増えているようです。

ここ数年で見てみると、最も平成18年度の特許出願件数が
多いようです。3月には、5万近くに上っています。

特許の出願件数は、4,5月に関しては落ち着いており、
ピークは3月となっています。
いわゆる決済期です。
年度末に特許出願件数も増える傾向にあります。

ちなみに、国際特許出願件数を見てみると、やはりアメリカが
1位ですが、次いで日本がランクインしています。
そこから差がついてドイツが3位となっています。


posted by tokkyo5 at 10:10| Comment(0) | 特許出願件数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。